« 津 | トップページ | 奈良〜大阪 »

大学とお寺

21日


AM9:00


三○大学の同窓会館へ向かいました。


パパンキーは何でも事前に連絡を入れていた模様。


その叔父の資料を会館の方は


探してくれていました。


これが大学の古い門。


P1011749


↓これが昔の教員名簿。


P1011758


お花の印がついているのがパパンキーの叔父です。


これを見て…


半信半疑だった私もホッ。


よかったーーーーホントに名前があって。


会館の方は大層親切に


資料を色々見せてくださり、


パパンキーも感動しておりました。


『ここで叔父さんは生きてたんだなぁ…』


じんわり涙です。


パパンキーには沢山記念撮影をしてあげました。


嬉しそう。


校内をちょっと散策し、


今度は葬儀をしてくださったお寺へ向かうことに。


さぞ、


立派なご住職がいらっしゃるのだろう…


と勝手に想像していたのですが。

P1011768


P1011767

微妙な…


古さであり、


汚さであり…うそです。


旦那が気を利かせてご住職のお住まいに


声をかけて呼んで来てくれたのですが…


旦那の表情がいまいち半笑い。


なによ…


と登場を待つパパンキーとあたし。






驚愕。






ホームレス。






ホームレス(風)のいでたち。


ボロッボロのご住職なのでありました。


一瞬姿を見てひるんだパパンキー。
笑いで肩の震えが止まらぬ私。


がしかし登場されては、事情を説明せねばならぬ。


パパンキーがコンコンと説明するが、


ご住職…






あ゛??




あ゛ぁ〜ん???




なにぶん耳が遠く、更に歯がないため、


フガフガして何をお話しになられてるのかさっぱり。


まったくもって会話は成り立たず。


旦那の翻訳によると、

今のご住職のお祖父さんの代までは


大層歴史ある立派なお寺だったとのこと。


その後、空襲で焼けてしまい


今の感じに…なったらしい。


へぇ。


それより、早くこの場を去りたいんだけど…。


挨拶を済ませ、車に乗り込むパパンキー。




『ボロッボロだったな!!』との感想。




もぐぅううう〜。


せっかくさっきまで、大学の資料館で親切にしてもらい、


気分よくしていたところに、これだもんなぁ〜。




『仏様に遣えている人だから悪い事言えないけど…




あれはーーーヒドい!!』




いやはやまったくそうなのでした。


あれじゃあ、仏様に悪い。


ということで、津を後にし大阪へ向かいました〜。

|

« 津 | トップページ | 奈良〜大阪 »

散歩/旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 津 | トップページ | 奈良〜大阪 »