« 住宅街の猫 | トップページ | 札幌ラーメン »

ノリタケのお皿

Dsc_17851


ママンキーの妹、みっこおばちゃんから
送られてきた画像です。




メールに添付されていたこの写真を見て…
思わず…




『わっ!!!!!』


と大声を出したわたし。




これは大昔、実家で使っていたお皿です。
私が知ってる頃には、このお皿は家に1枚しかなかったはず。

だけどおばちゃんのお話によると、
母が20歳で嫁入りした際の、嫁入り道具の1つで、
ノリタケのお皿で5枚ひと組だったのだそう。

ほほー。
となると、45年以上は経っているお皿だねぇ。


…おや?しかし…なぜおばちゃんの手元にこのお皿が?
実家の品々は、パパンキーの引越しの際にほぼ処分したはず。


よくよくメールを読みすすめてみたら、
おばちゃんが札幌のアンティークショップで
偶然見つけて、お家も連れ帰ったの!との事。




ママンキーがお嫁に行ったころ、おばちゃんは小学校の5年生。
ママンキーがいなくなった寂しさから、よく新婚のパパンキーママンキーの
おうちに遊びにいったんだそう。

そこで、お手伝いをしようとお皿洗いをしていたところ、
割ってしまった1枚がこれだったんだって。


へーーーー!おばちゃんよく覚えてるね!!


にしても、このお皿懐かしい。
ある時は朝食に使われ、ある時はホールのケーキがのせられ、
ある時はサラダ山盛りのせられ…あらゆるシーンでこのお皿は出てきました。


子供ながらに、このデザインはダサい!と思っていたけど。
今見るとなんだか素朴でとてもカワイイ。
金のふちがついているんだなぁ~。

この画像をアニンキーとわたしに送ってきてくれたおばちゃん。
とても嬉しかったんだなぁ~。わたしもなんだか嬉しかったよ。

|

« 住宅街の猫 | トップページ | 札幌ラーメン »

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 住宅街の猫 | トップページ | 札幌ラーメン »